搭乗者傷害保険ほか
自動車保険自動車保険の話題>搭乗者傷害保険ほか
 前回の「対人賠償保険と対物賠償保険」では、自動車事故において加害者となった場合に被る損害を補償する保険についてお話いたしましたが、今回は、ご契約のお車に搭乗されている方が自動車事故において被害者となった場合や自損事故で死傷された場合などを補償する保険についてお話いたします。
3.搭乗者傷害保険

(1)保険金が支払われる場合

   自動車事故で、被保険自動車の運転者や同乗者が、死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に保険金が支払われます。

  (注)搭乗者傷害保険の被保険者は、被保険自動車に搭乗している者です。

(2)支払われる保険金

  支払われる保険金には、被保険者が死亡した場合の「死亡保険金」、後遺障害が生じた場合の「後遺障害保険金」、医師の治療を受けた場合の「医療保険金」があります。
 この保険金は、社会保険の給付や生命保険金、加害者からの賠償金、自賠責保険金等と関
係な<定額払いされます。
 

(注)上記保険金とは別枠で、座席ベルト(チャイルドシートを含みます)を装着している者が道路上で生じた事
 故により死亡した場合には「座席ベルト装昔者特別保険金」が、重度の後遺障害を被り介護が必要であると認められる場合には「重度後遺障害特別保険金」が支払われます。
 
(参考)医療保険金の支払方法

  医療保険金の支払方法には、「部位・症状別払い」と「日数払い」とがあります。

  「部位・症状別払い」とは、入院日数が一定日数以上となった場合に傷害の部位・症状に応じて定額で保険金が支払われる方式をいい、

  「日数払い」とは、入・通院日数が一定日数以上となった場合に平常の生活または業務に従事することができる程度に治った日までの治療日数1日について入院保険金日額または通院保険金日額が支払われる方式をいいます。

(3)保険金が支払われない主な場合

  次のような場合には、保険金が支払われません。

 ア.故意、無免許・酒酔い・麻薬等運転により被保険自動車の運転者自身が死傷した場合
 イ.無断借用運転中の事故
 ウ.ケンカ、自殺、犯罪行為により被保険自動車の運転者自身が死傷した場合
 工.地震、噴火またはこれらによる津波
 オ.戦争、暴動など
 力.核燃料物質による事故

 被保険者が後遺障害の症状を訴えている場合であっても、それを裏付けるに足りる医学的他覚所見のないときは、保険金が支払われません。
 

(参考)人身傷害保険

 損害保険料率算出機構が作成した標準約款に基づ<保険ではありませんが、自動車保険における主要な商品のひとつに「人身傷害保険」があります。

 この保険は、被保険自動車に搭乗中の者が自動車事故により死傷した場合のほか、記名被保険者やその配偶者、それらの者の同居の親族などが他の自動車に搭乗中や歩行中の自動車事故により死傷した場合にも、保険金が支払われる保険です。

 この保険では、自己の過失部分を含めて損害額の全額が保険金として支払われる点に特長があり、これにより、従来は補償されなかった被保険者自身の過失についても、相手との示談を待たずに、保険金額を限度として損害額全額の補償が受けられることになります。

 保険金は、被保険者1名につき、実際の損害額から相手自動車の自賠責保険金、賠償義務者からの損害賠償金などを控除した額が、保険金額を限度として支払われます。

 (注)人身傷害保険と搭乗者傷害保険とは、ともに被保険自動車に搭集中の者が自動車事故により死傷した場合に保険金を支払いますが、その支払方法は、搭乗者傷害保険があらかじめ定められた保険金額を支払うのに対し、人身傷害保険は保険会社の定める損害額の基準に基づき支払う点が異なっています。
 

4.自損事故保険

  自動車事故で、被保険自動車の運転者や同乗者が死亡したり、後遺障害や傷害を被った場合で、それによって生じた損害について「自賠責保険」または「政府の保障事業」のいずれからも補償が受けられないときに保険金が支払われます。

  支払われる保険金には、被保険者が死亡した場合の「死亡保険金」、後遺障害が生じた場合の「後遺障害保険金」、医師の治療を受けた場合の「医療保険金」があります。

 (注)上記保険金とは別枠で、重度の後遺障害を被り介護が必要であると認められる場合には、「介護費用保険金」が支払われます。


これらの保険金は、社会保険の給付や生命保険金等と関係な<、定額払いされます。
 
5.無保険車傷害保険

  被保険自動車の運転者や同乗者が、他の自動車との事故で死亡したり、後遺障害を被り、相手に損害賠償を請求できる場合で、相手自動車が次のア〜工に該当して、十分な補償が受けられないときに、その不足分について保険金額を限度に保険金が支払われます。

  ア.対人賠償保険が付いていない場合
  イ.対人賠償保険は付いているが、その事故で保険金が支払われない場合
  ウ.対人賠償保険は付いているが、自分の無保険車傷害保険金額より低い場合
  工.あて逃げなどで相手がわからない場合

自動車保険