日常点検(1)
誰しも自動車の日常点検という言葉は聞いた事があると思います。
しかしながら、自動車を使用する毎に行っている方は少ないように見受けられます。

今回はこの日常点検についてもう一度おさらいをしてみましょう。

まずは道路運送車両法から

 (日常点検整備)

第47条の2 自動車の使用者は,自動車の走行距離,運行時の状態等から判断した適切な時期に,国上交通省令で定める技術上の基準により,灯火装置の点灯、制動装置の作動その他の日常的に点接すべき事項について,目視等により自動車を点検しなければならない。

2 次条第1項第1号及び第2号に掲げる自動車の使用者又はこれらの自動車を運行する者は,前項の規定にかかわらず,1日1回,その運行の開始前において,同項の規定による点接をしなければならない。

3 自動車の使用者は,前2項の規定による点検の結果,当該自動車が保安基準に適合しなくなるおそれがある状態又は適合しない状態にあるときは,保安基準に適合しなくなるおそれをなくするため,又は保安基準に適合させるために当該自動車について必要な整備しなければならない。

自動車点検基準

 (日常点検基準)

第1条 道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)第47条の2第1項の国上交通省令で定める技術上の基準は,次の各号に掲げる自動車の区分に応じ,当該各号に定めるとおりとする。

 (1)法第48条第1項第1号及び第2号に掲げる自動車 別表第1

 (2)法第48号第1項第3号に掲げる自動車 別表第2
  別表第2 (自家用乗用自動車等の日常点検基準) (第1条関係)

点 検 箇 所

点  検  内  容

1 ブレーキ 1 ブレーキ・ペダルの踏みしろが適当で,ブレーキのききが十分であること。

2 ブレーキの液量が適当であること。

3 駐車ブレーキ・レバーの引きしろが適当であること。
2 タイヤ 1 タイヤの空気圧が適当であること。

2 亀裂及び損傷がないこと。

3 異常な摩耗がないこと。

4 溝の深さが十分であること。
3 バッテリ 液量が適当であること。
4 原動機 1 冷却水の量が適当であること。

2 エンジン・オイルの量が適当であること。

3 原動機のかかり具合が不良でなく,且つ,異音がないこと。

4 低速及び加速の状態が適当であること。
5 灯火装置及び方向指示器 点灯又は点滅具合が不良でなく,かつ,汚れ及び損傷がないこと。
6 ウインドーウオッシャ及
 ぴワイパー
1 ウインドーウオッシヤの液量が適当であり,かつ,噴射状態が不良でないこと。

2 ワイパーの払拭状態が不良でないこと。
7 運行において異常が認め
 られた箇所
当該箇所に異常がないこと。
法律ではこのように決められています。

それでは、どのように実行したら良いかは次のページでご覧下さい。
車検・点検・整備